新田1いくぞ! クリーンアップ新田(写真1)

クリーンアップ西丘いくぞ! クリーンアップ西丘(写真1)

クリーンアップ南丘1いくぞ! クリーンアップ南丘(写真1)

クリーンアップ新田南1いくぞ! クリーンアップ新田南(写真1)

クリーンアップいもクリーンアップ終了 焼芋(写真2)

クリーンアップ豚汁クリーンアップ終了 豚汁(写真3)  

新田 西丘 南丘 新田南 校区はひとつ

 クリーンアップ号敵は、本能寺にあり」。天正10年(1582年)6月2日、織田信長の家臣明智光秀が、本能寺に宿泊していた信長に対し謀反を起こした時の有名なセリフです。時を経て、1週間前の平成26年(2014年)11月15日土曜日10時に校区4小学校で、「ゴミは九中校区にあり」みないくぞ!と一斉に立ち上がり、出発しました(写真1)。同時刻にとなりの校区でも一斉清掃しているんだ。仲間がいるんだよ。ゴミを一緒に拾っているんだ。終了後は、姿は見えないけれど、豚汁を食べ(写真2)、焼き芋をほおばっている(写真3)とおもうと、清々しくもあり嬉しくもありの一日でした。次回、第14回クリーンアップ大作戦で再会し、作戦を再開しましょう。

 こっちの小学校の運動場 続々と人が集まる。小学校の校長先生がクリーンアップの意義をお話され、代表の方から今年の大作戦ポイントはここだ!の説明の後、5つのコースに別れて出発した。アップダウンの坂をものともせず、ゴミをたくさん集めた。清掃が終わり小学校に戻ってくる。豚汁が待っていた。校内で育てたおイモが入っている豚汁だ。味付けは公民分館&PTA。あちらこちらから美味しいと声上がる。小学校の先生と卒業生である九中生が、なつかしい話で盛り上がる。中学校の先生と、小学生が妙に仲がいい。微笑ましい光景だった。

 地域の方「子ども、大人、いろいろな方たちとクリーンアップ大作戦に参加させていただき楽しい朝を過ごした一老人です。初めてだったのですが、これからも是非参加したいです。それに温かい豚汁ありがとうございました。」

 むこうの小学校の下足箱前 続々と人が集まる。児童、九中生、千里青雲高校生、大人の方が、いっぱい集まった。A~Cの3つの班に別れて掃除がスタート。道中には、自転車や椅子が捨てられたり、こんなものまでと思わせるものが落ちていた。重たいゴミは置いていく。後からリヤカーで運ぶのだ。千里青雲高校の生徒も奮闘してくれる。ありがたい。草むらに入ってゴミを拾い、ひっつき虫をいっぱい、ジャージにつけて戻ってきた。掃除の終わりには、豚汁が待つ。朝はやくから、PTAを中心に健全育成会など地域の団体の方が作ってくれたのだ。小学生が最初!という言葉に、中学生は誰も文句を言わない。(あたりまえ)後ろに並ぶ。偉い。(あたりまえ)お替わりしていいよの声に、「おかわり」くんする九中生、身も心も温まった。

 小学校教頭先生「それは、それは皆さん、よくがんばってくれました。ふだん小学生から大人まで、一緒になって豚汁を食べることはありません。みんなで食べるといっそう美味しい。ほのぼのとして、とっても良かったです。この行事が末永くずっと続いてくれることを願います。」 

 第14回クリーンアップでお会いしましょう。事務局