高校体験授業4パティシェになろう~(写真1) 

 高校体験授業5アニメ・マンガ講座(写真2)

高校体験授業3看護師入門(写真3) 

高校体験授業2サッカー上達法(写真4)

高校体験授業1電気パンをつくろう(写真5)

高校体験授業5人工イクラをつくろう(写真6)  

 開校式専門家~ひ・と・味・違う高校体験授業~

 今週水曜日の5.6限は高校の先生がやってきた!YAHYAHYAH!です。池田高校、吹田東高校、大阪学院高校、宣真高校、茨木工科の5つの学校から来て頂きました。まず最初に、うちの高校はこんなところだぜ、と開校式を体育館でおこない(写真左)、そこから14講座にわかれての授業でした。どの授業も高校の先生はさすが専門家!70分にわたって、九中津々浦々、興味津々!多くの九中生を授業に引き込んでくれました。高校の授業を生で経験することは、高校に行かないと出来ません。 
 70分は短い 
中学校の授業は、ふだんは50分。70分だなんて!と思いきや、この日のために用意してくれた講座は、時間の経つのが速い。スーパーマンよりも遅いくらい。【パティシエになろう】ではクッキーにデコした(写真1)。紅茶とクッキーでセレブ気分。【アニメ・マンガ講座】キャラクターづくしの世界に没頭する(写真2)。【サッカー】香川選手のように(写真4)。【電気パンをつくろう】いい匂い。たまらん(写真5)。【人工イクラを作ろう】食べた。微妙な味わいだった(写真6)。その他の講座も、気力充実の秋!あきない授業の連続だった。先生方は、生徒の興味関心に力を注ぎつつも、専門的な知識、技術を伝授してくれたのだった。3年生は、特別な時間を過ごす。自分の進路を考えるヒントになったことだろう。

 看護入門 看護師になるためにはどうしたらなれるか?から授業は始まった。仕事に貴賤はないけれど、人の命に関わるお仕事は、やはりとおとい。T「看護師はありがとうをいっぱいもらえる職業です。」その言葉に目が輝く九中生!身をのりだし自分の脈をはかる、聴診器で心臓や腸の音を聴く(写真3)。「美しく、かつ患者さんに優しい」包帯の巻き方も教えていただきペアになって練習もした。自分勝手な巻き方だとすぐ外れしまう。患者さんへの思いやりも技術あってこそを学んだ。最後に講師をしてくださった光武先生の息子さんのお話に皆感動した。

 S「私は部活でけがの処置をしてあげたときに「ありがとう」と言ってもらえるのがうれしくて、看護師というのはどのような仕事なのか興味がありました。看護師の活躍できる場所が予想よりも多かったことに驚いたのと同時に、こんなにも多種多様な場で人の役に立てるのはすごいなと思いました。(3年学年通信No50号より)」

看護はひとつの芸術である。ナイチンゲール