CUL1  CUL2  CUL

個性的な連絡黒板(写真1)

6限:明日から3日間(写真2)

冊子:CUL職業体験(写真3)  

CUL 購買部職場体験に行きます   

 今日から、2年生がCUL(職場体験学習)を実施します。「働く」とは人が動くこと。この3日間、文字通り、もじもじせず九中2年生が、千里中央を中心に北は箕面から西は伊丹空港、東は青山台、南は曽根にかけて校区内外のあちらこちらで動いてくれます。※東奔西走、南船北馬です。CULとは、働く人々と接したり、社会において働くことの大切さ、さまざまな仕事を通して社会の成り立ちを理解する大切な学習活動です。※東奔西走、南船北馬(忙しく走り回ること。)

 CUL前日6限 事前学習 昨日のとある2年のクラス後ろの黒板(写真1)である。6限:CUL事前学習、グループ別 CUL冊子(忘れずに)テストファイル、学校診断アンケートと記してあった。6限は、CUL開始前に、担当の先生ごとにグループ別に分かれるのだ。あるていど地域ごとにまとまっているが、少人数のところもあれば多人数のところもある。渕田T担当のところは、千里中央周辺の事業所だった。今までも色々と確認事項があったが、最終確認ということで集まったのである(写真2)。
T「よう聞いときや。遅刻・欠席のときは学校と班長に連絡やで。事業所へは学校から担当の先生が連絡するから。体調整え、できるだけ休まんようにな。相手の方も君たちを待ってくれているからな。とにかく元気にあいさつ!『おはようございます。』『よろしくお願いします。』『ありがとうございました。』頼まれたり聞かれたら『はい!』やで。『えっ』はあかん。先生も昔、アルバイトしてた時何か聞かれて『えっ』と答えて怒られたことがある。失敗したらまず謝ることも大切や。CUL職場体験活動日誌(写真3)は、毎日書くこと。夏休みの宿題みたいに、最後の日でええわとか思ったらあかん。その日のうちに活動記録を書く。事後学習でCUL新聞を書く時、活動の記録が埋まっていないと新聞を書くときに困るで。最終日のみ、クラブがあるところもある。だからといって、間違ってもクラブがあるので帰らしてくださいとか言わんように。今回、最優先するのは、事業所やで。」説明終了後、生徒達は冊子「CUL職場体験」P19の☆今の気持ち、意気込みを書いてみよう☆の欄に鉛筆を走らせた

S1「お店では、いろいろな人と触れあいながら頑張りたいです。ぼくは、何か失敗しそうですが、その時は、素直に謝ることが大事だと思いました。」S2「美容院では、ウイッグなどで実技もするらしいから、そういう貴重な経験もしっかり学んでいきたい。働いている方々のお客さんに接するときに気をつけていることなどを見て学びたい。」 

 CUL本日 購買部 事業所が休みの人は、学校にいつもどおりである。だが、学校の勉強はしない。社会の勉強をする。社会なら学校の勉強ではないかとおもう方もおられようが、公民や歴史ではない。世の中の社会を勉強するのだ。今日の学校CULは全部で20名、購買部のお仕事や用務員さんのお仕事を手伝った。九中購買部には2名が配属された(写真左上)。結構忙しい部所である。朝からパン申し込み票のチェックをし、パン屋さんから届いたパンやおにぎりの数があっているかどうかを検品する。ケースを拭き、パンに値段を書いていく。

 キンコーンカーン、1時間目の休み時間になった。どっとお客さんがやってくる、もちろん九中生だが。受付業務をこなす2年生。向こうの世界にいる2年生を見て「あらっ」「あ、CULか。いいなぁ」3年女子がうらやましがる。来客対応しているとあっという間にキンコーンカーンだ。お客さんが去るとともに、パン申し込み票を確認し、学年クラスごとにわけ、ホッチキスでとめる。確認作業中気がついた。申し込み票のえんぴつが薄くて目にとまらない、1と7がわかりにくい。九中生のみなさん。パンの袋詰めが、間違ってたら困るでしょ。申し込み票に記入する時ははっきりと、濃く書こう。テストも同じです。

突然ですが 学校診断アンケート まだの方よろしくお願いします。