CUL1  CUL2  CUL1

接客7大用語とは?(写真1)

礼 30度(写真2)

会釈 15度(写真3)  

CUL4職場体験に行く前に   

 2年生は職場体験まであと1週間を切りました。職場体験を迎えるにあたっての心構えはできてきたでしょうか。17日の5・6時間目には高島屋の富岡恵子さんをお迎えして職業講話をしていただきました。・・・

 百貨店の世界 昨年、見事な百貨店トークで、目を閉じれば、そこは百貨店!の世界を披露してくださった富岡さん。(昨年の富岡さんのお話はこちらをクリック 職業を選ぶ日のために)今年も2年生に、働くにあたって大切なことを色々お話しいただいた。みんなでやってみよう!!接客7大用語(写真1)では、2年生も一緒に参加する。「いらっしゃいませ。」はおじぎの角度30度(写真2)。「かしこまりました。」は角度15度で会釈(写真3)。「少々お待ちくださいませ。」「大変お待たせいたしました。」「恐れ入りますが。」と実際におこない「申し訳ございません。」では角度45度に腰曲がる。身体からごめんなさいと謝意を態度で示すのだそうだ。「ありがとうございました。」では、感謝の気持ちを込め角度30度に腰曲がる。「またどうぞよろしくお願いいたします。」では、再び角度45度となり、言った後も目線で、お客様の背中を追いかける。(百貨店の真心こもった無言のサービス。お店を出た後も視線を感じることがあるのはそのせいか。)お話は続く。「百貨店に新入社員で入ったら、接客7大用語を2人で向かい合い身体にしみこむまで徹底的にトレーニングをする。そうやって初めて店頭にたてる。・・・」みんなへのメッセージは続く。社会人であるという自覚を持ちコミュニケーションをしっかりとること。「自分の言葉で相手に伝える力と相手の立場に立って聞く力」をつけることなどを丁寧にお話くださった。

 質問コーナー:2年生からたくさんの質問がでた。いきなりな質問が、「やめたいと思ったことありますか?」だったが。質問ができるということは、お話をしっかり聞いていた証拠。こういう時に興味を持って質問できる2年生は素晴らしい。その後は「効率よく仕事をすすめるには?」「夢を実現するために、今しておかねばならないことは?」積極的な質問がとび、最後の質問が「富岡さんにとって、人生とは何ですか?」と哲学的な質問だった。

富岡さん「私にとって、人生ですか・・・うーん。人生とは、山あり、谷あり。ははは、ありがちですが・・・山は、自分次第で、もっと高くできる。(谷は浅くできる)人生とは、どんな仕事にも自分で楽しみを見つけ、達成できるかが大切なんだと思います。」富岡さんの瞳は輝いていた。

 お話を聞いて「 富岡さんみたいにちゃんと仕事を続けている人は、小さいころからなりたい職業が決まっていたのかと思ったけど、ぜんぜん決まっていなかったと聞いて少し安心しました。今、なりたい職業とかまったく決まっていないけど、焦らずに考えていこうと思うことができました。」「 働く上で大切な7つの挨拶、あれはどのお店に入っても誰もが言ってくれる言葉です。さりげなく、ちょっとしたことだけれどもとても大切なんだなと思いました。」
「本番はお客さんが店内に入ってきたときの挨拶が重要になるので、ただ言ってるだけじゃなく、相手に気持ちが伝わるような挨拶を心がけたいです。」(2年学年通信より)

 人生山あり。山は自分次第でもっと高くできる。   富岡さん