これ何1  これ何2  これ何3

これ何?(写真1)

広げて・・・。(写真2)

身体にまいて。(写真3)  

  道徳  1年生 道徳・・・   

 先週金曜日10日6限の1年生は道徳の時間でした。道徳の内容項目でいえば、主として自然や崇高なものとの関わりに関することです。生徒達には、「生命の尊さを理解し,かけがえのない自他の生命を尊重する。」つまり、自分の生命を守るという観点から、防災に対する意識を高めて!いう授業をおこないました。

 ここ数年で自然災害が非常に増加しています。暴風、大雨、洪水、雷、地震、土砂災害、最近では火山の噴火なども起こりました。豊中市は北半分が千里丘陵になっているため、自然災害が全国的に見ても非常に少ない自治体です。それが、私たちの災害に対する意識を薄めているのではないでしょうか。災害は、いつ、どこでおこるかわからないということを肝に銘じておく必要があります。

 B棟2階1年各教室 昨日は、大阪直撃のルートを通った台風19号。警報も出た。災害にも備えた。幸いにも豊中では大きな被害もなく、過ぎ去ってくれた。災害が近づいたら、安全な場所を確保し、危険が通り過ぎるのをじっと待つのが一番。

とある教室では・・・、地震が起きた時、まずどうするか?T「1タンスのそばに隠れる。2机の下にもぐる。3家から飛び出す。手をあげて!」もちろん、2番に手があがる。そうだ、つい最近訓練をしたばかりだ。→880万人防災訓練(詳しくはこちら)T「では、次の行動はどうするか?」「1食料を確保する 2お金を確保する 3出口を確保する」ここでは意見がわかれた。1にも2にも手があがる。T「お金、食料も大切ですが、ここは揺れがおさまったら出口を確保してください。」
・となりの教室では・・・T「防災用品で、いつも私が持ち歩いているもの。これです。長さ15センチ銀色の物体を取り出した。通販で、150円で買ったのだが、なかなかの優れものなので紹介します。」「何やと思う?(写真1)では、Aくん」 A「?」S「では、ちょっと前にでて持ってくれる。これをひろげると(写真2)・・」カシャカシャの音と友にひろがる。友達のようにまだまだ広がる。大きなふろしき?これは、防寒グッズだった。からだに巻くと毛布なみに温かい(写真3)。頭からかぶればカッパにもなる。また、丸めれば、ロープに使える。サバイバル生活が始まった時これがあれば、役立つ場面は多い。

・そのおとなりの教室では・・・T「テレビでアナウンサーが、台風がきそうです。十分な備えをしてください。と言っている。十分な備えとは?」S「浴槽に水をためておく。」「ろうそく。」「懐中電灯。」
T「1番いいのは、普段から明日の用意をしておくこと。制服を寝るところの近くにかけているか。制服を枕元にセッティングしていたら、いざ災害が襲ってきた時に、パジャマで逃げなくてすむ。パンツ一丁で寝てる?そらかっこわるいな。これで、避難所へは、1年1組は、みんな制服で逃げられるな。・・・じゃぁ、避難所はどこか知ってるか?何かあった時は、小中学校を目指す。九中の場所は、みんな知っている。じゃぁ、出かけた先で災害にあったら、どうする。とにかく学校をめざす。この防災マップには、学校の場所が書かれている。確認してから避難するといい(写真左上)」文中 T:先生 S:生徒

 第九中学校   災害避難場所