組み体操2  組み体操2  組み体操3

演技前 荒ぶる九中魂!(写真1)

演技中 意気軒昂!(写真2)

演技後 有終の美(写真3)  

組み体操6第45回 体育大会 男子組体操

 第45回体育大会を飾るフィナーレの演技は「組み体操」です。以前は、ほとんどの中学校でおこなわれていた演技なのですが、組み体操の「安全性」を考え、やめる中学校もあるようです。ご意見も賛否両論ありますが、本校では、「練習で体力がつく。演技が成功した時の達成感は、何にも勝り、学年がまとまる効果もある。」ということで、安全に十分配慮し、体育の授業で組み体操を実施しています。 

 プロローグ 組み体操の取り組みは夏休み前から始まる。4塔のメンバーが決まり、少しずつ練習をした。だが、なかなか全員が揃って練習することはできなかった。4段の塔(写真2奧)のイメージを共有するのは難しい。二学期に入り本格的に授業で組体をおこない、朝練もした。順調に練習を重ねた。技が上手くいくと自信につながる。できないと次こそは!と集中して練習に取り組む。4塔のメンバーも、技が完成に近づくと満足感と連帯感が芽生え始めた。

 組み体操 本番 組み体操の演技は全部で13の技がある。・・・5 飛行機 6 三点支持倒立 7 扇 8 ブリッヂ(写真左上) 9 五人松 10 ロケット 11 花 12 ピラミッド 13 フィナーレと続く。安全面には最大限の配慮だ。怪我の予防は意識の集中!以心伝心言葉はいらない。本番は、3年女子のソーランのあと。雨だ。ソーラン途中に結構な雨が降ってきた。できないかもしれない予感が走る。手がすべるような雨になれば即中止!指揮の石田Tは腹を決めた。小雨の中、演技がスタートした。気合いだ!「おう」練習よりもはるかに大きな声!で全員が叫んだ(写真1)。全速力で自分の場所へ移動する。「おう」の生徒の強い思いが通じたか。雨はピタっと収まった。

 5人組では、松が最高難易度の技である。どの5人組も心を一つにして、松の完成を目指し完成させた。ロケットは、「1,2,3」の合図とともにロケットが人垣の中から発射!会場が「おー」と沸いた。花は唯一クラス全員でやる技である。全クラスが一つになり、きれいな花を咲かせた。大詰めは、5段ピラミッドだ。成功することが難しい大技である。最後の一人が、4段を一気に駆け上がる。5段が完成!歓声が、どーん。どんなもんだ。5段ピラミッドを耐え抜くことができた。疲れが中山筋肉疲労の中、フィナーレへと向かう!4塔のメンバーで円陣を組み、気合いをいれる。各クラスの3塔と組み合わせたのが3つ、そして山脈が完成、そのさらに上には高く高く4塔が完成しつつある(写真2)。大きなどよめき!感動!大きな拍手が運動場を包んだ。男子最高 意気軒昂(いきけんこう)だ・い・せ・い・こ・う!!だ。

  エピローグ 終わり。大きな大きな拍手が運動場を包むと、あらっ。全員による行進が始まった!今年の組体はまだ続く。「エイ、ヤー」と声を揃える。「エイ、ヤー」と息を合わせる。「エイ、ヤー」と行進を続ける。保護者席の前(写真3)、2年生の応援席の雨を「エイ、ヤー」だ。3年生応援席前で「全体…とまれ」「おう」で演技が終了した!女子の声がとぶ。「男子最高!」「おつかれー!」「こっちー」黄色い声が、本部席まで飛んできた。3年がまたひとつ進化し、大会の有終の美を飾った。

3年体育担当石田T「練習を含めて本番が最高の演技でした。すごく興奮しました。」 

私の心のなかでは あなたが一番。3年男子保護者