体育  音楽

 英語

研究授業 体育(写真1)

研究授業 音楽(写真2)

研究授業 英語(写真3)

私が中3だったころ 

~  今日行く実習 IN 九中

 6月2日より教育実習がありました。明日で3週間の実習を終え9人が九中を巣立ちます。その実習の総仕上げが研究授業と呼ばれるもの。研究授業では、大学の担当の先生が、校長先生が、時には教頭先生やら教科先生方が実習生を取り囲みますが、大丈夫。九中生は、ふだんどおりです。いつもと同じ温かいまなざしで実習生の授業を受け、時には、気の利いた質問もありです。

 3週間・・・みなさん、こんにちは。6月2日から教育実習でこちらの豊中第九中学校にお世話になります。九中生のみなさんは、本当に明るくそれでいてけじめのある人が多いので、授業中や休み時間など、明るくて活気のある空間が広がっていると感じます。そんな空間の中で、先生方や生徒さんからたくさんのことを学ばせていただき、『教師』という夢に向けての糧にしていきたいと思っています。短い間ですが、楽しくも充実した3週間になるよう、毎日頑張っていきます!」と挨拶があったのは、今は昔のよう。

 昨日は、6人が研究授業を実施。体育(写真1)、音楽(写真2)、英語(写真3)、社会・・・。先生がいっぱいのなか、チョークがもじもじすることなく、文字をしっかり書き、はっきり声をだし授業をおこなってくれた。今日、実習生たちは、3週間前より成長し最終日を迎えた。ここにくるまでの道のりは、きっと遠かったはず。中学、高校と学習し、先生になることを志して、専門の勉強を大学で学んだ。最後の関門が今日行く実習、研究授業だったのだ。3週間で、一人前になることはないが、九中の先生の指導を受け、九中生から学ぶことも多かったはず。先生は、先生から始まるのではない。経験をして育つ。がんばれ、九人の実習生!

 私が中学校3年だったころ・・・実習生は、3年生の前に立った。18日6限「先輩の話を聞く」だった。

英語)吹奏楽部に所属していたことから、ある高校のOBOG楽団と出合った。吹奏楽を続けたいから「そこしかない」と思った。先生に向いてないのかな、とネガティブになるとき、楽団の仲間が自分の夢や目標の背中を押してくれる。

社会)高校に合格したとき嬉しかった。でも、高2から行けなくなった。これといった理由はなかったが、合格がゴールになってしまったと思う。勉強やクラブに打ち込む周りとのギャップを感じたから。

保健体育科)勉強が苦手。だがサッカーだけは誰にも負けたくないという気持ちがずっとあった。自分から高校へアピールしてスポーツ推薦で進学。目標のための努力は惜しまない。正解は自分が決めるもの。たとえ周りが笑っても、自分に自信をもつ。

国語)第1志望の高校に不合格で、第2志望に進学。そこで良い友人に出会い、人生の目標になった「国語の先生」と出会った。「学力の高い高校」へ行っていたらいい人生だったかどうかはわからない。

英語)英語に特化した中高一貫校から、理系の大学へ。様々な場所で「人との出会い」があり、多くを学んだ。「英語を使って何かしたい」という思いに立ち返ったとき、退職。留学し英語の勉強し直した。これが正解というものはない。  

 先生は 先生から始まるのではない。