きゅうちゃん1  きゅうちゃん2  きゅうちゃん3

朝 しなやかにつよく(写真1)

夕方 しなやかにつよく(写真2)

夜 しなやかにつよく(写真3)

    

 PTAオール委員会  ~  PTA活動で九中の様子がわかります   ~  

   PTA活動の目的とはなんでしょうか?PTAとは九中の生徒の幸福のために、保護者と教職員が同じ方向を向いて力を合わせることです。そのための第1回PTAオール委員会が昨日4月22日に開かれました。いろんな委員に就かれた保護者の方々がA西会議室に集結しました。

PTA会長「1年間、地域、学校に、わきあいあいとご協力よろしくお願いします。」
  学校長「委員をお引き受けいただきありがとうございました。1年間よろしくお願いいたします。」
その後、各委員会にわかれ自己紹介をし、委員会の年間行事案と予算案を決めました。会員交流委員会は
親睦行事を中心に、施設委員会は親子草刈り、花壇の花植えをがんばっていただこうというお話を、広報委員会はカラー満載のPTA広報を年3回発行してくれます。地区委員会は、地区巡視、挨拶運動、校区懇談会等などをになってくれます。そして、学級委員会は、行事の受付、懇談会、標準服リサイクル等を企画立案します。保護者のみなさま 行事の前には色の紙で「ふれあい広場(PTA通信)」を発行し行事の内容を紹介いたしますので、ご覧ください。そしてご参加お願いいたします。PTA活動に参加することで九中の様子もわかります。

 しなやかにつよく 通用門が変わった。人知れずHPの表紙が正門から通用門に変わったのだ。朝にこやかな九ちゃんが生徒を迎える(写真1)夕方、夕日を浴び下校する九中生を見送るきゅうちゃん(写真2)夜、闇の中地域をあかるく照らすキュウちゃんがいる(写真3)きゅうちゃんは、漢字?ひらがな?カタカナ?謎なのである。謎なので以下漢字を使用することを許して、九ちゃん

 以前は、夜になると九中の通用門がどこにあるかわからんもん、だった。中央環状線トンネル下を抜けると闇が待っていたのだ。そんなおり、昨年九中隣のマンション建設に伴い通用門横の草地(斜面)がライトアップされた。わかる門にはなったが、なにか物足りない日々が続いた。2013年12月中旬頃である、PTAのお話のなかで44期生のPTA卒業記念品として通用門に何かできないだろうか。せっかくライトアップされているのに、ただの草地はもったいないったらもったいない。有効利用できないかと考え44期生卒業記念としてメッセージ花壇づくりが発案されたのだった。

 市の「花と緑の相談所」に電話相談をしたところ現地調査に来校してくださったので学校側の、こんな風にしたい!考えを伝えた。斜面の傾斜、土質、日照等を調べる。結構大変な工事だよ、のアドバイスもいただいた。メッセージボードの原画作成を九中職員が担当し花壇のイメージ図を作る。学校長が文字を考える。44期生PTA会長が、隣のマンション建設会社に協力を依頼し、足を運び工事が始まった。新入生を迎える桜咲く頃、多くの人の手を紡いでメッセージボードは完成にいたった。きっと九中のシンボルになるだろう。

原画担当者「メッセージボードは、生徒会キャラクター『九ちゃん』を九中の校章でもある竹林に配しました。竹林の丘に吹く風、流れる空をイメージして作成し、九中のみんなが、竹のようにしなやかでそして強くあってほしいとの願いを込めています。完成できたのは九中教職員のアドバイスや、知人がつたない原画に手を加え、仕上げてくださったおかげです。ありがとうございました。」

しなやかに つよく

九ちゃん