陸上部    陸上部2

走って 九中 (写真1)

打ち込んで 九中(写真2)

跳んで 九中(写真3)

    

   ~  クラブ紹介   ~  

  豊中市の姉妹都市であるアメリカからお客様がお越しになられた日は、行事が目白押しでした。1限目の授業が終わった後、ただちに身体測定が開始されたのです。身長、去年より伸びたかな。体重は教えません。座高や視力を測定し、1年生と3年生は聴力の検査まで行いました。

 校長室や廊下では豊中市との姉妹校であるサンマティオ市の使節団をもてなすべく準備に余念がありません。掲示物OK、桜茶OK、パワーポイントOK、おそうじOK・・。

 午後からは新入生にむけてのクラブ紹介を開催しました。走って(写真1)打ち込んで(写真2)跳んで(写真3)・・・、サンマテオ市からのお客様との交流会をサプライズで実施いたしました。

クラブ紹介 九中には、同好会も含めると23のクラブと同好会がある。2時ごろ、クラブ紹介のため体育館前には各クラブ部員がユニフォームに着替え自分たちの出番を待つ。興奮沸き立つ。メガホンで指示を出す先生の声も届かぬ。無理からぬ。今日このクラブ紹介の第一印象が新入部員獲得を左右するからだ。

 生徒会の挨拶のあと、クラブ紹介がスタートした。昨年コンクールで金賞を受賞した吹奏楽部からだ。部員数にも圧倒されるが、楽器をかっこよく演奏しているその姿はかっこいい。新入生の心を早くもがっちり鷲づかんだようだ。つづくサークルひこうきぐも「ずっとつながっていこう」のメッセージが会場を暖かく包む。美術部「制作中はとなりは何する人ぞ」と個人プレーが基本だが、同じ趣味でつながる楽しさは何にも代えがたい。書道同好会から発表された作品「現実、事実、真実」。何やらとても深いメッセージである。九中の実りある1年を見通しているのだろうか。

 九中運動部が続々登場し圧倒的なチームワークとエネルギッシュな実演で会場を沸かせた。剣道部参上の時にはサンマテオ市からお客様の目がかがやいた。ばしっ!びしっ!竹刀が交わる。九中剣士の動きに身を乗りだされるお客様のカメラが、パシャ、ピシャ!であった(写真左上)。

 さて、1年生!人生いろいろ、何クラブにはいろ。これだけのパフォーマンスを魅せられたら迷うよね。何クラブにはいろかなと迷っている人は、一歩を踏み出す勇気を持ちましょう。「ユニフォームがかっこいいいから」「楽器を持つ姿がおしゃれだから」「顧問の先生がおもしろそうだから」まずは、きっかけです。勇気を持って叩いたその扉の向こうには、想像も絶する宇宙は待っていないけれど、大きな世界があなたを待っているに違いありません。ほんとです。

大きな世界があなたを待っている

顧問の先生