borannt1  1年  あいますく

はじめの一歩 (写真1)

さぁ考えよう (写真2)

シャンプーはどっち? (写真3)

    

美術部   考。 ~ボランティアへの道~    

   ROAD TO THE VOLUNTEER

 学習指導要領によると、道徳教育を進めるに当たっては,教師と生徒及び生徒相互の人間関係を深めるとともに,生徒が道徳的価値に基づいた人間としての生き方についての自覚を深め,家庭や地域社会との連携を図りながら,職場体験活動やボランティア活動自然体験活動などの豊かな体験を通して生徒の内面に根ざした道徳性の育成図られるよう配慮しなければならないとあります。で、ボランティア体験学習です。今1年生では、今週からボランティア体験学習を始め、1時間目に黒柳徹子さんのボランティア はじめの一歩」に触れ、2時間目は、専門家の方から「さぁ考えよう。みんなができるボランティア」についてお話を聞きました。 

1時間目 ~ボランティア はじめの一歩~(写真1)

 黒柳徹子さんは小さいとき、結核性股関節炎という難病にかかったが、普通に生活できるまでに回復した。しかし、同じ病気にかかった子がずっと松葉杖をついているのを見て「かわいそうだから…」と避けてしまった。父からは「行ってお話してあげればいいのに」と言われた。それがきっかけで、身の回りの気づきや関心のあることは行動にうつすんだを、学んだ。これが、ボランティアと共に生きる黒柳徹子さんの誕生だった。その後の黒柳徹子さんの活躍はめざましかった。『徹子の部屋』の司会や、累計770万部を誇る戦後最大のベストセラー『窓際のトットちゃん』の印税を寄付しトットちゃん基金をつくったことなどは、1年生はほとんど知らない。・・・そのトットちゃんの「ボランティア はじめの一歩」読んで、ボランティアとは何かについて学んだ。

 ボランティアとは、無償で人のために何かをするというイメージが強い。持っている人が多い。けれど、実際は自分のためにするんだよ。ボランティアとは、気づきを考え行動することなのだから。ここに水道がある。水が出しっぱなしだ!どうしようか考えるだろう。「止めたい」とおもう気持ちがふつふつと沸く。思うから止める。これがボランティアのはじめの一歩。気づきである。

  追伸:100巻を超えたボクシング漫画「はじめの一歩」より:鴨川会長が幕之内一歩に言う。「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」ボランティアにあてはめれば「ボランティアをした者が全て報われるとは限らん。しかし! ボランティアをした者は皆すべからく心が温まる!!」

2時間目 ~ボランティア 講演会~(写真2)

 昨日は3年生が三者懇談会をしている最中の6限目だった。豊中市社会福祉協議会より社会福祉士の藤岡さんにお越しいただいて、体育館でボランティアについて学んだ。藤岡さんは最初に「ボランティアをしたことがある人、手をあげてもらえますか?」ときりだされた。すると、60%程度の生徒が手をあげた。・・・藤岡「シャンプーボトルとリンスのボトルの違いわかりますか?ちょっとそこの人、前にでてきてください。」前にでてアイマスクをされる生徒A。そして二つの容器を渡される。「さわってみて。二つの容器の違いわかりますか?」ボトルをさわる生徒A「???」「!!!」(写真3)「そう、シャンプーにはリンスにはないギザギザが横についている。頭を洗っているとき目をつぶっていてても、手でさわってわかる。」障がいのある人だけでなく、誰にも使いやすい商品をバリアフリーグッズという。藤岡さんは、点字が打ってあるトランプがあること、お酒の缶には飲み口の近くに点字で「お酒です」と容器についていることを教えてくださった。なるほど。ユニバーサルデザインでもあるのだ。

 ボランティアとは身近な人に優しくなれることである。ボランティアを必要としている人の気持ちに気づき、考えて行動を起こしていく。具体的な行動としては、募金・整える(掃除)以外にも、つながる(話し相手になる)、買い物をする(授産施設での商品を買う)、広める(どんなボランティアを必要としているか)など様々なボランティアの形態があることを教えてくださった。1年生。ROAD TO THE VOLUNTEER が始まる。

藤岡「九中生の半数以上がボランティアの経験があることがすばらしい。クリーンアップ大作戦に毎年取り組んでいることがすばらしいですね。」 

~放課後 ボランティア「美術部・書道同好会」~ 放課後の美術室である。美術部は某組織から依頼を受けていた。今週土曜日におこなわれる「クリーンアップ大作戦」当日に使用する大ポスターの制作であった。書道同好会が毛筆「やってます。クリーンアップ大作戦ー西丘小・南丘小・新田小・新田南小ー」と模造紙に筆を走らしてくれている。(写真左上)その作品に、色をつけ、葉っぱをつけ・・・秋の彩りをつけたポスターへと変貌させる、それが美術部へのミッションだった。自分たちの作品制作ではない。が、美術部員は楽しそうにきゃっきゃっと絵の具を踊らす。この作品が、土曜日多くの人を元気づけてくれることだろう。ボランティアとは身近な人に優しくなれることである。身近な人に、地域に優しくなれるクリーンアップまもなくです。

くるぞ!くるぞ!第12回クリーンアップ大作戦!11月16日

九中校区のみなさんへ。