警備 駐車場  警備員2

PTA受付 (写真1)

駐輪場 (写真2)

警備員さん 見事な誘導 (写真3)

スタート  体育大会と安心・安全    

  a guard  

 九中の体育大会は、もちろん安全です。生徒指導主事を中心に会場整理をおこなっています。今年は、九中職員が体育大会の運営により専念できるよう、また受付がスムーズになるようPTA委員の方から正門に専門の警備員を配置してはどうかという申し出がありました。制服を着た警備員が立つことで、不審者侵入の抑止効果も期待できます。選手も安心して競技をスタートできます。(左写真)もちろん、費用もかかることなので、PTA会員の皆さまに意見を募った結果、今年試験的に配置していただくことになりました。 

警備 午前8時半、警備担当の青年が正門に立たれた。あまり、いかつい人はだめ。すらっとして笑うと白い歯がこぼれるさわやかな青年をお願いします。という希望を警備会社にPTAの方は伝えていた。(そんな人おるんかいな)来られた方は踊る大捜査線の織田裕二風だった。まさに希望どおりの人だった。日焼けした顔、りりしい顔つき、笑うと白い歯がこぼれる。出身はだんじりで有名な岸和田市・・・制服が似合う。が、みかけだおし(失礼ですが)ということもある。油断してはいけない。(誰に油断する?)

 警備が始まった。杞憂(きゆう)だった。謝罪の王様だった。警備員さんは次々と校門をくぐる来校者に対して、さわやかな笑顔をふりまかれる。保護者カードがない方にはさわやかに「保護者カードをお持ちですか?」と声をかける。(写真1)持っておられない方には、受付へと誘導される。来校者が途切れると、背筋がぴーんである。足は肩幅、かかと45度に保ち直立不動の姿勢をとる。品格のある警備だった。これでは、不審者といえどねずみ一匹とおれまい。

 PTAの方も安心して受け付けをされていた。自転車、バイクの数も半端ではなかったが、てきぱき自転車は並べられていた。駐輪台数、おおよそ300台(写真2)。当然、警備員さんも自転車の方への気配りを忘れない。(写真3)駐輪場はきれいに整理整頓されていた。美しい。警備員さんは昼食をとられた時以外体育大会終了まで、警備のプロだった。


ーチーム杉山ジャパン(教職員リレーチーム)ー 
男女混成リレー」3学年ともメダルを逃す。
 いつまでも生徒達に負けてられない。ここ10年以上、生徒の後塵(こうじん)を拝してきたが、そろそろ本気で走ろう!めざせ優勝!ということで、杉山Tを監督に戦闘的なチームでレースに臨んだ。1年生は、ニューヨークからジョン選手を補強、手応えのある布陣をひく。職員でユニフォームもそろえた。(UMBRO:赤と紺のユニフォームで走るジョン選手 右写真)前日には、生徒が帰った運動場で強化練習もおこなった。準備は整った。トップで教員がゴールを通過する夢もみた。これも悲願の優勝をめざすためである。

 3年は、1走の津田Tが3位になるも、結果は7位だった。2年生は、平均年齢20代というメンバーをそろえ快走を重ねるもチカラ及ばず。期待の1年生はジョン選手の追い上げも届かず5位という結果に終わった。敗因は、日々の運動不足にあるようだ。明日から・・・自主トレを開始できたらいいな。来年こそ優勝目指して走ります。みなさま、温かいご声援ありがとうございました。 

小さいことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道

イチロー