kendo剣 道

夏休みの活動

KENDO 2013/8/23 

 剣道同好会が立ち上げられたのが昨年2012年の10月のこと。頑張りが認められあっという間に今年2013年4月には部に昇格。こつこつと真面目に練習を積み重ねた結果です。それからは以前にも増し練習を積んでいます。この夏も例外ではありません。お盆以外はびっしりと練習が。しかし残念なことに認可されたばかりで、まだ体育館を使用することが出来ません・・・。なので豊中十三中の体育館へ合同練習をしにいっています。

級審査

 練習した力を試す場といえば、級審査。九中剣道部は8月10日に大阪市立修道館へ。大阪城内の歴史ある建物で級審査は行われます。審査前には全員で正座をして説明を聞きます(右写真)。九中2年生は3級に挑戦。審査の内容は4つ。切り返し、正面打ち、二段技、木刀による基本技。基本が出来ているかの審査がされます。最後の木刀による基本技については普段は竹刀を使用しているので、いつもとは違う練習をしなくてはなりません。一番上の写真は大阪城内の修道館付近の林で木刀による基本技を練習しているところ。気になる結果は・・・3人受験して、全員合格!野外で練習した甲斐があった!次は10月に2年生の2級の審査と、1年生の3級の審査があります。やったるで~、と意気込んでいました。

試合

 級審査と同じく大切な練習の成果を示せる場といえば、試合です。8月21日に豊中市総合体育B大会がありました。Bというのは初心者大会ということですが、剣道というのは幼いころから始めている子が多く、中学からはじめた九中生が勝つのは難しいと言われていました。しかし奮闘の結果、豊中総体B個人3位に一年生が入賞。努力が実った入賞。よく頑張った!剣道部はまだまだ始まったばかり。これからの活躍が期待できそうです。

 スポーツは、まさに人生そのものだ。

努力した分だけ自分に返ってくる。

イアン・ソープ