好球必打  豊中総体連覇達成!

 一昨日7月30日に豊中市総合体育大会ソフトテニス男子の部(総体)団体戦が豊中市立第四中学校で行われました。この試合は、豊中市の25年度のチャンピオンを決める大会です。昨年度優勝をしている九中にとっては連覇のかかる大会でしたが、冨山監督ひきいる九中庭球部が熱戦ウインブルドン!見事4連勝し、連覇をはたしました。 

てにす部1 豊中市総合体育大会  

 a championship 2013/7/30

※ テニスの団体戦の試合は、1チーム3ペアで、それぞれ戦い(3ゲーム先取)2勝したら勝ち点1となる。勝ち点が同じならば、勝敗によって得失ゲーム差によって順位を決める。

回戦 豊中九中 2対1 豊中十六中

 HP実況中継・・・初戦は、やはり足が動かない。緊張感もあり本来の調子が発揮できず、デュースにもつれるゲームとなった。が、相手のミスに助けられからくも勝利を奪う。2試合目は、相手のストロークのコントロールがよく、よもやの敗戦。勝敗の行方は3本目に持ち越された。緊張のかかる3番手勝負は、味方の応援、声援にも後押しされ要所でポイントをとる。からくも勝利を収めた。

2回戦 豊中九中 3対0 豊中十五中

 HP実況中継・・・初戦をとったが、二試合目の対戦相手は、剛腕サーブを持つエースが登場。苦戦が予想されるも基本を忠実に守った九中ペアの粘り勝ち。続く3試合目も勢いにのり、3-0のストレートで勝利した。

3回戦 豊中九中 3対0 豊中四中

 HP実況中継・・・この試合のポイントは、個人戦優勝を果たした四中ペアとの初戦勝負だった。相手の後衛は、ミスの少ない選手だった。前衛の動きもいい。試合展開は予想通り、とってはとられてのシーソーゲームでカウントは2-2となる。ファイナルにもつれ込む熱戦となったが、ここからが九中魂!応援に熱が入る。九中ペアの背中に気合いを注入する。「うって♪うって♪勝利!」応援に後押しされた九中ペアの足の動きが俄然よくなった。四中ペアは、押されぎみとなり、押し切られたのだった。残り2試合も九中は勝利した。

4回戦 豊中九中 3対0 豊中十一中てにす部2

 HP実況中継・・・この試合で勝てば、完全優勝が決まるとなった一戦。初戦から、連勝の勢いにのった九中に相手は圧倒される。九中のボールは、応援、声援にのって相手コートに突き刺さる。二試合目の途中、顧問の冨山Tは、得失ゲーム差で優勝を確信したのだった。続く3試合目も勢いにのり3-0のストレートで勝利した。

  4勝0敗で完全優勝を果たすとともに、連覇を達成した。

 顧問「ツメの甘いところもありましたが、応援と声援をバックにし、よく戦いました。この後の豊能の大会も頑張って欲しいと思います。2年生はまじめに練習して、来年、3連覇を目指してください。」

 お前の為にチームがあるんじゃねえ。チームの為にお前がいるんだ!!

スラムダンク 安西先生