ぺんき1 

いよいよはじまるPAINTの世界(写真1)

始まった!ローラーの世界(写真2)

ペンキぬっていいんかい!(いいです)   

  PTA PAINT 2013/7/26  

前 日 ぺんきぬり3「ペンキ塗り」は、ペンキぬって委員会?いいとも!ということで九中PTAが中心となり、毎年おこなってくださってます。ペンキ塗りの前日25日には、PTA会長が中心となり、まず下ごしらえをおこなってくださいました。ペンキ塗りの下ごしらえといえば、もちろんマスキングです。美味しい料理もそうですが、この下ごしらえの成否がペンキ塗りの成功の鍵をにぎるといっても過言ではありません。(左写真)

 マスキングには、卓球部の8人も助っ人に加わってくれてA棟3FからB棟2Fまでの3年教室エリアを制覇しました。マスキングテープを縦横無尽に張って、張りまくり成功の鍵はにぎりました。もう、負けることはありませんペンキがはみだしても大丈夫です。

当 日 26日午前9時に約40人もの若男女(卓球部(写真1)・吹奏楽部・せんせい・おかあさん多数・おとうさん3人)が参加した。今回の戦力は、クリーム色のペンキ一斗缶が4カン(乾いたら耐水性に化けるという優れもの)刷毛、ローラー、ロングローラー、軍手、ビニール手袋などなど。手に手に刷毛とローラーを持ち一斉に塗り始めた。お~ローラ♪(写真2)と廊下のあちらこちらでローラがうなる。ペンキがブーメランのように舞わないが、ほとばしる汗とペンキ。垂れる。垂れたらぞうきんですぐ、ふき取る。ローラだよ。うふっと楽しく1回目の塗りが10時に終わった。休憩後、2回目の塗りが始まった。2度塗りの効能は、色むらをなくすためだけではない。下地をつくることで、壁面になじみ耐久性がます。お顔を分厚く一度塗った化粧はすぐはげ落ちる。しかし下地をほどこしたファンデーションはなかなか落ちないと、ペンキ塗り担当美術科教諭も太鼓判の二度塗りだった。なるほど。
 二度塗りも昼過ぎには終わった。A棟3FからB棟2Fまでの3年教室エリアの、壁廊下がまっさらさら。ペンキ塗り後の3年教室前の世界は、真っ白じゃなく、優しさの中に白さがあるホワイト&クリームの世界が広がっていた。きれいです。
 

 参加していただいた、卓球部、吹奏楽部、おかあさん多数・おとうさん3人の皆様方、ありがとうございました。これで、気持ちよく二学期が迎えられます。

ペンキのついたグレーのTシャツ、ブルージーンズのおとうさん「ピンクのびらを見て参加しました。あんまり九中にくる事もなく、手伝えることもないのでこさせていただきました。昨年も来たのですが、服がペンキで汚れて・・・。で、来年も行こうと考え、ペンキ用にと服を洗濯し、ビニール袋に入れこの日のために用意してました。ははは。下の子が1年なので、後2年は使えるかなと思います。このグレーのTシャツとブルージーンズ。」  

掃除をするということは、心の中を整理するということ

美術科 太治 圭子