背中 

学年レク 

背中わたり(写真1)

イントロクイズ(写真2)

学年レクみんなで企画した学年レク  

 Don't mind 2013/7/10  

 7月10日の午後5、6限。2年生の学年レクリエーションをおこないました。学年レクリエーションとは生徒たちが自分たちで、考え学年の絆(きずな)を深める行事。備えあれば憂いなし。先月から、この日この時間に備え体育委員が1,2,3から・・・10まで準備をし整えてくれました。体育館は予想以上に暑さが厳しかったのですが、2年生はその暑さにも負けず立ち向かってくれました。発汗には水分補給を。熱中症には熱中飴を。暑さには2年の熱きパワーを。

 

 第一の種目「背中わたり」。 開会式。体育委員の挨拶後、さっそく第一の種目「背中わたり」の説明が行われた。この種目は簡単にいうと「因幡(いなば)の白ウサギ」である。昔々、隠岐の島に住む白ウサギが、ある姫に会いたいと思い因幡の国へ行こうと考えた。しかし、因幡は遠い。自力で海を渡れない。そこで白ウサギはワニザメに『ワニザメさん、君たちの仲間と僕たちの仲間とどちらが多いか比べてみようよ』と提案し、ワニザメを因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていった。というような種目である。これを皆の前で体育委員が実演をする。(写真1)おっ!おおおお。結構むずい。出場する生徒たちも興奮状態になる。レースが始まった!ぴょん、ぴょん。ぴょん。いがいやうがい(のどをがらがらはせずとも)!皆速い。あっという間にゴール!1位になったクラスはぴょんぴょん大はしゃぎ、1位になれなかったクラスは日本海の底には落ち込まず、次の種目で挽回せんと熱意を燃やすのだった。

 第二の種目「なんでもリレー」。 山あり谷ありのさまざまな種目を14人で競うというもの。最初の走者がスプーンにソフトテニスの球をセットしてスタートの合図を待つ。「スタートです!」焦りすぎてボールを落とす。次なる種目は、じゃんけん勝つまで先にすすめない。ストップウォッチ5秒台止め(5秒台で止めるまで先にすすめない)、背中ボール挟み、おんぶ、ジェスチャークイズ、紙飛行機飛ばし、くじ引き、二人三脚、ドリブル。最後は担任の先生にビブスを着せて、やっとゴールできるという 九中トライアスロン、過酷なレースだった。もちろん勝者は大喜びだった。

 第三の種目「イントロクイズ」。「エグザイルプライド」から懐かしいサザンの「TSUNAMI 」♪まで。色々な曲が出題され、2人1組で答えを紙に書いていく。わからん。

 第四の種目「大縄跳び」。10人で飛べた数を競う。回す人と跳ぶ人の息があっているかが大切。引っかかっても回数は0にならないので一心不乱に跳ぶ。逃げるが勝ち、いや跳ぶが勝ち。

 最後の競技「○×クイズ」。運でしかわからん問題が次々と出題される。加藤先生と石田先生の体重はどちらが重い?そんなん知らん。1問目、2問目と正解者が減っていく・・・そして最終問題まで残ったのは、約300人中わずか3人だった。残った生徒のクラスにポイントが加算され全種目が終了した。失敗しても「ドンマイ」「いいよ!いいよ~」。汗だくの中、熱き体育館にさわやかな風が吹く。2年生の皆さん、ご苦労様でした。

表彰式(写真上) 優勝:7組!2位:6組、3位:2組 

一所懸命生きていれば、不思議なことに疲れない

松岡修造