保健室   5月20日:尿検査 IN THE MORNING  

 20日の朝のHRは、ちょっとあわただしい。各クラスで保健委員が、尿検査(1次検査)の容器を黒い袋にいれ回収し保健室に運んできたのでした。だから保健の先生は、あら、てんやわんやと目の回る忙しさで対応していました。

 で、尿検査はなんのために毎年するのでしょうか?「おしっこを採る」というと思春期まっただ中の九中生の皆さんには、ちょっと抵抗があるかも知れません。尿検査には「恥ずかしさあまって健康100倍!」というメリットがあります。尿は、腎臓という臓器で作られ、腎臓は血液から不要な物質をとりのぞいてくれる重要な働きがあります。病気にかかっていると、尿の中に、いてほしくないものや、なんであなたがいるのーと病気の原因となる物質が混じっていることがあります。色々な臓器の異常や病気の発見につなげる・・・これが尿検査です。

今日忘れた人は、5月31日に自分の健康のため、忘れずに。

朝、トイレで流す前に・・・尿検査!