社会参観 理科参観 

【  参観授業社会 火を!人類の誕生  】

【 熱いまなざしをそそがれる保護者 】

【 2年:キャンプ説明会 】

 授業参観、学級懇談会を15日(月)におこないました。当日は、多くの保護者(全体で約500名)の方に参観を頂きました。1時前から続々と保護者の方が来校。廊下には、教室に入りきれない保護者があふれ窓越しに熱心に子ども達の様子を見守っていただきました。また懇談会後の2年生キャンプ説明会では、約200名の方が体育館に集って「笑顔ではじまり笑顔で終わる琵琶湖・・・」のお話に熱心に耳を傾けておられました。本当にありがとうございました。

校内の声・・・・なんでこんなに親がいる。驚く生徒多数。
(先生)・20名以上の保護者の視線を感じ身が引きしまる思いで地球の特徴を発問。「丸い」「白いもやがかかってる」と期待に応えてくれる生徒にむふふふ。地球儀を回す社会の先生。
・保護者の僕を見つめる目がこわかった。終わってホッとする新任の先生。(生徒の気持ちがわかる)
・ふむふむと頷く保護者に対して、一番授業を聞いてくれていたのが保護者だと美術の先生。

(保護者)・ていねいにわかりやすく、黄色のチョークを使って書く先生でした。「ノートには赤で書くんだよ。」きめこまかい授業に安心しました。

・生徒はまじめに授業を受けているのに、廊下にいる保護者が騒がしかった・・・。先生と生徒がかわいそうだと思います。                                              

 約500名の保護者の方で、つい廊下が、保護者の情報交換会にもなっていた場面があったようです。反面教師(悪いお手本)にならないよう教室前の廊下はお静かに・・・「雄弁は銀」でなく「沈黙は金」でお願いします。ご家庭で子どもから授業の様子を聞くのとLIVEでみるのとでは、全然違うと思います。今回見ていただいた様子を、ご家庭でお話いただき保護者の温かいまなざしで学校を育てていただければと思います。