入学式
●●● 教育目標 ●●●

人間尊重の精神に基づき、自ら考え、判断し、行動・表現の出来る

心豊かにたくましく生きる生徒の育成を目指す

しなやかに つよく

Toyonaka Municipal Dai-kyu  Junior High School

入学式を待っていたかのように4月6日、通学路や九中の桜が満開となりました。満開の桜とともに2020年度の確かな一歩を踏み出します。

 

校長   栗林 聡明(くりばやし としあき)

  第九中学校は1970年万国博覧会が開催された年に開校しました。千里開発前から九中校区は自然に恵まれ竹林でも有名で今も校内の雑木林に名残があり緑豊かな素晴らしい環境に本校は位置します。そこから、校章は竹の葉を図案として取り入れ9枚の葉により、九中を表現しています。子どもたちが、竹のようにすくすくと伸び、しかもねばり強く、節目のある人間となる願いが込められており、その精神は今も受け継がれています。今年53期生を迎えます。今、我々は新型コロナウイルスという大きな逆境に直面しています。いつの日かこの新型コロナウイルスが収束し、学校が再開され「しなやかにつよく、心豊か」にすごす日常が一刻も早く戻ってくることを切に願っています。Let’s overcome coronavirus each other!! (コロナウイルスを乗り越えよう!) 」

 今年度の学校経営の重点目標  竹林

 学校経営の方針は、「非常時の中の危機管理」「学校安全の推進と安定(非常時の中の危機管理・災害安全・交通安全)」を中心に考え、チーム九中を合言葉に、教職員が一枚岩となり教育目標実現に向けた取り組みを実践する。

①   しなやかにつよく、つながる力、関わる力を持った生徒の育成。

②   生徒の実態や地域の特性をふまえた教育課程の編成。

③ 人権教育・学習指導・生徒指導・進路指導の充実。

④ 地域と連携した「開かれた学校」「生徒の安全確保」の推進。

⑤ 学校における個人情報等の適正な取扱いの確保。

   生徒一人ひとりが、明るく、生き生きと学ぶ意欲をもてる学校づくりに邁進して行きたいと考えています。今後とも、地域や卒業生・保護者の皆様方のご支援よろしくお願い致します。