○健康観察等を行い、児童生徒の健康状態を確認します。

○児童生徒が、感染予防の正しい知識を身に付け、適切な行動ができるよう、流水・石けんによる

手洗いの徹底、咳エチケット等の基本的な感染症対策に関する指導を行います。

・また、本校ではスクールサポートスタッフが特定場所の清掃や消毒活動を行っています。

○気候上可能な限り、2方向の窓や扉を常時開けて換気を行います。常時開けることが難しい場合は、業間の休憩時など定期的に窓や扉を開け換気を行います。

〇マスクは、「十分な身体的距離が確保できる場合」や、「活動を行う場所の暑さ指数(WBGT)等が高い場合」には外させることがあります。また、熱中症予防の観点から、体育の学習中などの体を動かす場面、登下校中もマスクを外させることがあります。