3月16日は第58期生の卒業式でした。

心温まる卒業式でした。卒業生の皆さんの活躍を期待しています。

式辞を載せておきます。ご覧ください。

 

58期生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

はじめに、本日は、PTA会長ならびにPTA役員の皆様にご臨席いただいております。ありがとうございます。

保護者の皆様、本日はご臨席賜りまして、ありがとうございます。

また、お子様のご卒業、誠におめでとうございます。

これまで、本校の教育にご支援、ご協力をいただき感謝申し上げます。

至らぬ点も多々あったかと思いますが、ご容赦いただき、58期生の卒業を、ともに、心から祝福したいと思っております。

 

58期生の皆さん、今日は、皆さんが受ける七中の最後の授業です。

授業は、生徒と先生が双方向でやりとりをしながら、作り上げていくもので、

これから私は一方的にお話をしますが、このあと、みなさんの成長した姿を、学んだ成果を、

この場で、大いに発揮して、今日の授業をつくりあげていきましょう。

振り返ると、この1年間は大変な1年となりました。

昨年の2月末、全国に緊急事態宣言が出され、学校は臨時休校となり、3年生の始業式も延期となりました。

遅れて、始業式を行い、分散登校、そして感染防止対策を取って休校を解除、そのため、楽しみにしていた

修学旅行や行事が形を変えて実施と、例年とは全く異なる1年間でした。

しかし、皆さんは環境の変化に柔軟に対応し、新しい生活様式を受け入れ、今までとは違う、

形を変えた、しかし充実した学校生活を作ってきたと思います。

その力は、いままさに私たちに求められている力そのものです。

シンギュラリティー・人工知能が人間を超える、今ある職業の多くがなくなったり変化する、

などと未来を予想する人たちがいます。

予測困難な時代をたくましく生きる力、よく言われます。

未来はだれもわかりません。だからおもしろいのです。

たくましく生きる、辛抱強く耐えることは難しいかもしれません。

しかし、みなさんはこの1年間、様々な活動の制限に対して、粘り強く対応し、自分にできること、

みんなと協力してできることをやってのけました。

素晴らしい成長です。素晴らしい力です。

自信をもって、この時代を生き抜いている自分や友達をほめてあげてください。

4月には、新しいステージに立つみなさん、自分の力を信じ、友達の力を信じ、常に前を向いて進んでください。

うまくいかないことはたくさんあります。だからおもしろいのです。

やり遂げたときの達成感はひとしおです。

私たちは、みなさんとは3年間しか関われませんでした。

しかし、これから一歩踏み出す皆さんを心から応援しています。

皆さんの家族の方もあなたを応援しています。

たくさんの人があなたを応援しています。

予測できないほど、楽しい未来がみなさんを待っています。

希望をもって、自分を大切に、周りの人を大切に、1日1日を大切に過ごしてください。

卒業おめでとうございます。

令和3年(2021年)3月16日