11月7日(月)

1年生ドリカムスクール、今日は、いよいよプレゼンテーション。5限は、各班で仕上げた「みんなが住みやすいユニバーサルデザインの家」を、各クラスごとにプレゼンテーションしました。

            

各班のプレゼンテーションが終わると、大和ハウスの社員さんから講評をいただきました。さらに、6限の体育館での学年プレゼンテーションに出場するクラス代表が発表されました。

 

そして、学年プレゼンテーション。1年生の後ろには、審査員席。

     

プレゼンテーションの生徒も一生懸命なら、それを聞く生徒も真剣でした。

    

発表が終わって、審査作業です。

 

大和ハウスの社員さんによる厳正な審査の結果、プレゼンテーション賞、アイデア賞、優秀賞、最優秀賞が発表され、表彰を受けました。

   

表彰後に、大和ハウスの社員さんから、1年生に「よく頑張りました」とお褒めの言葉がありました。

最後に、お世話になった大和ハウスの皆さんに、各クラスの議員がお礼の手紙をお渡しして、感謝の気持ちをお伝えしました。

9月5日からスタートした「ドリカムスクール」も、プレゼンテーションを終え、あとは、明後日のふりかえりの時間を残すのみとなりました。
1年生にとっては、大和ハウスの社員さんという家づくりのプロ=”本物”と出会えたこと、そして、その本物の方の支援を受けながらお互いに協働してミッション遂行に取り組んだこと、さらに、その取り組みをクラスや学年の仲間の前でプレゼンテーションしたことなど、とてもよい体験となりました。
”本物”との出会いが、1年生に大きな刺激を与えてくれたと思います。1年生のこれからの生活や成長を楽しみです。
大和ハウスのみなさん、ありがとうございました。