8月31日(水)

8月最後、そして、短縮授業最後の今日、文化総合発表会が開催されました。

第一部は、体育館でのステージ発表。9月に豊中市教育センターで、公開実験を行う理科部。8月の大阪府吹奏楽コンクールで金賞を受賞し、関西大会に出場した吹奏楽部。同じく、8月のNHK学校音楽コンクールで大阪府予選を勝ち抜き決勝大会に出場した合唱部。以上、三つのクラブが、レベルの高いパフォーマンスを披露してくれました。

吹奏楽部の演奏からスタート。

         

続いて、理科部。人間を包み込む巨大シャボン玉作りの実演です。

 

大きなリングを使って、シャボン玉を作ろうとしますが、なかなくうまくいきません。

 

見守る生徒からは、「ガンバレー」の声援。

何度もトライしますが、あと一息のところで、壊れてしまいます。

  

残念ながら、成功には至りませんでしたが、理科部のチャレンジに拍手!でした。

ステージ発表最後は、合唱部。演奏曲は、コンクールでの発表曲です。

     

館内の生徒、保護者の皆さんからは、大きな拍手が湧き起りました。

第二部は、文化クラブの展示見学。特別教室等に展示された文化クラブの作品等を全員で見学しました。

家庭科部の作品展示。

  

理科の授業のレポート展示。

理科部の実験実演。

 

漫画研究会。イラスト栞が無料配布されていました。

  

美術部はイーゼルに作品を展示。

  

体育館にも、国語の授業の俳句や短歌、夢の木サークルや園芸部の活動発表が掲示されました。

    

文化クラブの皆さん、ありがとうございました。

文化総合発表会を終えると同時に、短縮期間も終了。明日からは、6時間授業。そして、三中は、体育大会へと向かいます。