6月15日(水)

69期生、神鍋キャンプに行ってきました!報告、第二弾。

6月14日(火)、キャンプ二日目。神鍋の朝。昨晩の熱戦の場、但馬ドームも見えます。

 

男子宿舎での朝食風景です。みんな、昨晩はよく寝たせいか、すっきりした表情で、しっかり食べていました。

   

朝食後、女子が合流し、再び、学年がそろいました。この後の、飯盒炊爨について、お世話していただくスタッフの方から説明を受けました。

 

キャンプ場へ移動して、用具を受け取った後…、

 

飯盒炊爨が始まりました。材料を切ったり、火をおこしたり、班ごとに役割分担してカレー作りを進めました。

   

火をおこすこと、おこした火を適当な大きさで燃やし続けることは、なかなか難しい仕事でした。

          

こちら、忙中閑あり。

      

そろそろ出来上がったみたい…。

  

そして、美味しくいただきました。

    

後片付けもけっこう大変でしたが、ぬるぬるやくろこげを完全に洗いとるまで頑張りました。

   

スタッフの人たちにOKをいただいて、後片付け終了です。

 

駐車場に集合して退村式。神鍋でのプログラムがすべて終了しました。

  

午後4時、全員無事に学校到着。一泊二日のキャンプが終わりました。

<69期生キャンプ全行程>
6月13日(月) 学校→(バス)→神鍋→入村式→昼食→焼き板体験→夕食→キャンプレクレーションin但馬ドーム→入浴→就寝
6月14日(火) 朝食→宿舎清掃→飯盒炊爨→退村式→神鍋→(バス)→学校

今回のキャンプで69期生が感じたことはなんでしょう?できたことは何か?できなかったことは何か?自分について、クラスについて、学年について考えてほしいところです。

何のためのキャンプだったのか?どんな気づきや学びがあったのか?中学2年生としてふりかえるべきことがあったはずです。このキャンプで、先生たちは、69期生に何を期待していたのでしょう?69期生は、その期待に応えられたのでしょうか?みなさんに尋ねたいことはたくさんあります。

1学期も残り1カ月あまり。次にやってくる大きな行事は、体育大会。そして、職場体験学習。キャンプでの気づきや学びを活かして、キャンプを超える行事、体験にしてください。今日の自分を明日は超える。但馬ドームを揺るがせた69期生が、さらに大きくしなやかに成長してくれることを期待しています。