5月25日(水)

68期生が、5月22日(日)~24日(火)、2泊3日の行程で、信州修学旅行に行ってきました。その様子を、報告します。

修学旅行1日目 5月22日(日)
朝早くから、学校に集合して出発式を行いました。旅行中お世話になる、JTBの添乗員さん、写真屋さん、看護師さんにも「よろしくお願いします!」とご挨拶をしました。
 

学校前の大曽公園横からバスで出発。(近隣の住民の皆さん、朝早くからお騒がせして申し訳ありませんでした。) 

バスは順調に名神から中央道へと高速道路を進み、駒ヶ岳SAで持参の弁当を食べました。(お家の皆さん、朝早くからのお弁当のご用意、ありがとうございました)
   

昼食後は、Aグループ(4・6・7・8組)、Bグループ(1・2・3・5組)に分かれてプログラムが進みました。

Aグループは、犀川でのラフティングからスタートしました。ウェットスーツに着替えた後、インストラクターの講習を受けて、犀川に漕ぎ出しました。
 

Aグループは、この日はクラスごとの分宿。8組の宿舎での夕食風景です。
 
夕食の後は、クラスレクで盛り上がりました。
 

一方、Bグループは、長野県松川村で農家泊、農業体験です。お世話になる農家の方が、お迎えに来てくださいました。少し、緊張した表情で、それぞれ農家に向かいました。
   

各農家についた後、さっそく、農業体験が始まりました。温室栽培の花の世話、黒豆の豆蒔き、なめこの菌打ちなど、それぞれの農家さんで、いろいろな農業体験をさせていただきました。
      

こうして、修学旅行1日目は終わりました。
続きは、また、明日…。