宿泊訓練に行ってきました

 6月30日(木)~7月1日(金)1泊2日で、2年生の宿泊訓練が滋賀県の琵琶湖、マキノ方面で実施されました。梅雨の時期で天候が心配されましたが、1日目は曇り、2日目は快晴で、すべてのプログラムを無事終了することができました。

 1日目は、まず、琵琶湖でドラゴンボート・ヨシ帯観察(カヌー)・外来魚調べ(つり)の体験をしました。ドラゴンボートは、太鼓をたたく音にあわせて、20人近くの人でパドルをこぎ、湖の上を力強く進んでいきました。パドルをこぐ呼吸があうと、とてもスピードが増して迫力がありました。最後はレースをして大盛り上がりでした。

 カヌーは、1人ずつ艇に乗り、パドルをこいで沖合いに進んでいきました。最初はパドルのこぎ方が難しく、思い通りに行かなかった人も、慣れてくるにつれてすいすいと気持ちよく滑るように艇を操作することができるようになっていきました。つりは、琵琶湖の自然のお話を聞いたあと、挑戦をしました。なかなか魚を釣るのは難しく、全員の人が釣ることはできませんでしたが、見事に釣れた人も多くいて歓声が上がっていました。

 夕方、マキノの民宿に移動して、夕食、温泉での入浴をすませたあとは、体育館で学年レクがありました。オープニングにレク係の人たちのダンスがあり大きな拍手が上がりました。続いて、レク係主催のゲーム大会で、○×クイズ、ジャンケンゲーム、クラス歌合戦などのゲームがありました。そして、クラスのスタンツ発表がありました。

4組「流星(ダンス)」

2組「ストンプ&ボディーパーカッション」

3組「桃太郎」

5組「ソーラン節」

1組「妖怪ウォッチ&パーフェクトヒューマン(ダンス)」

 の出し物がありました。

 どのクラスも時間をかけて協力して準備してきたことがよく分かりかりました。また、クラスごとに趣向のちがった発表で、とても見ごたえがありました。クラスごと終わった後は、拍手がたくさん起こり、達成感でいっぱいになったと思います。最後はレク係のダンスと「栄光の架橋」の大合唱があり、感動の幕切れでした。

 

 2日目は、広大な芝生が広がるマキノ高原を歩き、その後は、飯ごう炊さんをしました。宿舎の方に手伝っていただきましたが、ご飯を炊いたり、カレーを作ったり、火を調節したりして、とても器用に調理にとりくんでいました。どの班もおいしいカレーライスを食べることができました。

 2年生のみなさんは、スタンツの準備・発表を中心に、一人ひとりがとても前向きにとりくむことができました。このような姿勢は、2年生のとてもすばらしいところだと思います。また、ルールを自然に守ることができ、心配することがほとんどなかったことも、楽しい宿泊訓練につながったと思います。お互いのつながりを大切に、これからも集団の良いところを伸ばしていってほしいと思います。